2017年3月13日 更新

東京でラムが楽しめるバー

ミイルでラム部をやっています。 モヒートは人気だけれど、ラムってどこで飲めるの?バカルディやマイヤーズ以外にもあるの? 東京のラムバーをご紹介します。

 BAR KING RUM

いつでも飲みたいモヒート!夏だけなんて言わないで。ここのは、今まで飲んだ中で1番おいしい。

住所:
豊島区池袋2-9-1太田屋ビル1F
電話番号:
03-3980-2903
池袋にあるラムバー。こちらのモヒートは、モヒート好きなら一度は飲んで損はない絶品モヒート!季節のフルーツを使った月替わりのモヒートもおすすめです。
ドラケ。モヒートの前身。ラムではなく、アグアルディエンテを使ってます。モヒートより粗いかんじ。
ラムバーならではの、ちょっと変わったカクテルもあります。
やっぱりいつものが落ち着きます。
葉巻も楽しめます。ラムと葉巻は好相性。

 Tafia

ちょっと蒸す空気にティポンシュが合う。

住所:
港区西麻布2-15-14ウェストポイントビル
電話番号:
03-3407-2219
西麻布にあるラムバー。フレンチラムを飲むならこちら。
このゆらゆら揺れるグラスのカクテル、ティポンシュは、フレンチホワイトラムとシロップとライムのシンプルなカクテルです。蒸し暑いときにぴったり。
コロンボとラム
こちらに来たら、外せないのが、コロンボ。カレーのような、カリブ海のフランス領の島のシチューです。他にも美味しいおつまみが揃っています。
箱ブラン、ここ来たら飲む。
こんな、箱に入ったラムはこちらならでは。ボトルと味が違います!

 Bar Lamp

甘くないダイキリ、うまかった。

住所:
中央区銀座4-3-7銀座猿谷ビル 4・5F
電話番号:
03-3561-2666
銀座にあるラムバー。銀座らしいしっとりさの中に、陽気なラテンのスピリッツ。こちらはシガーバーとしても、素晴らしい品ぞろえだそうです。
NINE LEAVES モヒート。これも仕事の一環です(キリッ #rum
こんな、日本のラムもあります。滋賀県で作っているラム!!

 Julep

カシャッサ。ワールドカップ、ブラジルだから、カシャッサ飲まなきゃね。ここは、ラムだけでなくて、カシャッサも沢山あるバー。現地でカシャッサは、樽別にメニューがあるという、ラムとは違うアプローチで面白い。

住所:
世田谷区池尻2-34-161F
電話番号:
03-3422-7650
池尻大橋にあるラムバー。こちらはラムと兄弟のような、ブラジルのカシャッサ(カシャーサ)の品ぞろえも豊富です。
フローズンカイピリーニャ!
カシャッサのカクテル、カイピリーニャもおすすめ。暑いときには、こんなフローズンなんかも。
ディルの漬けラム!ここならではな漬けラムね。面白い味。
もうひとつ、こちらならではなのが、珍しい種類の漬けラム(フルーツやスパイスをラムに漬けたもの)。そのままでも、ソーダ割りなどでも美味しいです。

 Screw Driver

イチゴを使ったピニャコラーダ

住所:
武蔵野市吉祥寺本町1-20-15東永ビル4F
電話番号:
0422-20-5112
吉祥寺にあるラムバー。店内は床以外ラムなのではというくらい、ラムでぎっしり!日本ラム協会会長さんのお店です。

 Havana

モヒート。お通しのクリームチーズも毎回工夫を凝らした味のもので、結構楽しみだったりします。今回はいちぢくのとヒバーチの。

住所:
新宿区新宿3-10-9FBビル1F
電話番号:
03-3226-8865
新宿三丁目にあるバー。ラムバーではないですが、たくさんの種類があります。堅苦しさはないですが、しっとり落ち着けるバーです。
ダイキリ、ヘミングウェイレシピ

 Mambo Bar

新宿三丁目のマンボバーの周年で。プランターというカクテル。ラムに、オレンジ、マンゴー、パイナップルジュースが入ってます。
こちらも新宿三丁目、HAVANAの近くにあります。マスターはラムのイベントでDJをするくらいで、ステキな音楽がかかっています。
70年代のオールドボトルなハバナクラブ、5年。ハバナクラブは、7年でもなく、3年でもなく、5年が好きだな〜。
写真ないけど、他にも70度のネイソンエスプリやら色々と、朝まで飲んでました。完全酔っ払い。
ちなみに二日酔いにはなりません。ラムだから?
キューバのちょっと変わったラムなんかがあったりします。
暑い夏に、モヒートを飲むなら、ラム専門店に行ってみてはいかがでしょうか。
この記事のキュレーター
この記事のキーワード
この記事に関係するカテゴリー