北京飯店

北京飯店

中華料理

『北京飯店』の店舗情報

住所 〒 44-3 Nakajuku, Itabashi City, Tōkyō-to 173-0005, Japan
電話番号 03-3961-9777
お店Web https://r.gnavi.co.jp/e8bj9v6z0000/
ランチ 不明
ディナー 不明
利用目的 友人・同僚と

『北京飯店』を予約する

【一休レストラン】でネット予約

【ぐるなびのページ】でネット予約


【Yahoo!ロコ】でネット予約

『北京飯店』に投稿された写真

tacarin
9ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「チキンライス」700円。曇天で寒い日曜日。今日は先週フラれたココでコレ。マイブーム「チキンライス」は尚も続いている。コレがしみじみと美味いのですよ。当然各店それぞれ微妙に味が違う。ただ「ラーメン」ほどに違いはない。味を決める「ケチャップ」が「カゴメ」か「デルモンテ」以外の選択肢がないのが大きいか。中部圏なら「コーミ」もありうるが、関東圏で「コーミ」はほぼ無理な相談。「ウスターソース」が入るかどうかも大きいと思う。ココは入っていません。ごちそうさま。

tacarin
9ヶ月前

「北京飯店@板橋区仲宿」で「中華丼」750円。持病の腰痛のため地元の「整形外科」に行き、帰りにココでコレをいただく。「北京飯店@板橋区仲宿」は「地元町中華四天王」の一角を担う名店。平日の昼下がりは、地元のお年寄りがマッタリとお食事をされている。実はココの「広東麺」は大変に美味い。だとしたら「中華丼」も当然美味いに決まっている。今まで頼んでいなかった不明を恥じつつ発註。5分後に着丼すれば納得の「美丼景」だ。一口いただいて見れば案の定、納得の美味さ。堪りません。アッと言う間に平らげた。ごちそうさま。

tacarin
3ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「中華丼」750円。涼しさとともに「腰痛」が復活した。主治医に駈け込み、ランチはココでコレ。女将さんに発注して、ふと見たテレビで「菅義偉不出馬」を知り腰を抜かす。一顧だにしていなかったシチュエーション。届いた「中華丼」が滅法美味い。厨房にいた父子が即座にいなくなった。裏でテレビを観ているのだろう。こんな状況下でも美味しい中華丼を作るのがプロの調理人と言う物だ。アッと言う間に平らげて店を出た。しかし世の中一寸先は闇。それでも美味しい中華丼。ごちそうさま。

tacarin
10ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「もやしそば」700円。半地元のココに今年初来訪。何にするか暫し悩んだが、最近食べていなかったコレを。ココは基本的に「醤油味ベース」だが、塩梅が絶妙で実に美味しい。「もやしそば」が美味いと言うことは「うまにそば(広東麺)」も美味い。あとで気付いたのだが、メニュウにマイブームの「チキンライス」があった。次回は絶対にコレで。父・息子で厨房を担当し、お嫁さんがフロアを仕切っている。二代目が完全に味を継承しているので、後継者問題は当分無さそう。ごちそうさま。

tacarin
22日前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「広東麺(うまにそば)」750円也。雲量:10の冴えない天候。完璧な二日酔いだ。朝まで宅飲みした報いだ。こんな時は「スープ麺」に限る。「雲呑麺」とも思ったが、ココの「広東麺」はメチャクチャ美味しい。と言うコトは「もやしそば」も美味しい。店内は満席だ。テーブルが一瞬も空かない。入れ替わり立ち替わり客が来る。どこかに出たのかしら。「町中華で飲ろうぜ!」には「中華かさま@板橋区本町」と一緒にとっくの昔に出ている。残念ながら観たことは無いのだが。ごちそうさま。

tacarin
5ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「オムライス」800円也。「板橋本町・町中華四天王」で「オムライス」を食べ比べると言うミッションの仕上げをココで。平日の昼下がりはノンビリした時間が流れている仲宿商店街。4つのテーブルは一人客が一卓ずつ占めている長閑さ。私も一卓占拠して「オムライス」を発注。さて、オムライス。しっかりした味の「チキンライス」は、クレープのように薄い「オムレツ」に包まれて、コレぞ「町中華・洋食」の矜持だ。適量のケチャップに思わずニンマリ。美味いぞ!ごちそうさま。

tacarin
10ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「チキンライス」700円。仕事からサッサと帰って、伴侶とココへ向かう。目的はコレを食べるため。先般食い損なったのです。悔いを残すからね、サッサと食べておかないと。ココの「チャーハン」と比較するとボリュウムは十分。チキンもタップリで美味しさ爆発。コレで近郷近在の「チキンライス」はほぼ食ったと思う。「グリンピース」が載っていたのはココだけかも知れない。皆僅差でレベルが高い。大体の傾向と対策は判ったような気がする。次は自作にトライかな。ごちそうさま。

tacarin
1年前

今日のランチは「北京飯店@板橋区仲宿商店街」で「タンメン」700円。東京は昨日から湿度が低くなり、暑いが多少過ごしやすくなった。こんな日は買い物がてら自転車に乗って「仲宿商店街」に。途中「中華かさま@板橋区本町商店街」にも惹かれたが、所期貫徹して「北京飯店」。ココは家族で経営している名店で、開店以来45年になる。今日は久し振りに「タンメン」。たっぷり野菜。白濁したスープは「ごま油」の風味が絶妙で美味い美味い。まともな「タンメン」は地元に限りますね。ごちそうさま。

tacarin
7ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「ヤワ焼きそば(上海麺)」700円也。今日は「近郷近在四大町中華」の一角を担うココでコレ。実は「上海麺」は大好物なんですが、中々見付からなくて往生していたんですよね。ココでメニューにあるのを見付けて、一瞬遠い目になりました。醤油味の「焼きそば」は、何かとても懐かしい味がした。「中華八番@板橋区稲荷台」には無いし、「中華かさま@板橋区本町」「喜楽@板橋区宮本町」はチェックし直します。新たなミッションです。ごちそうさま。

tacarin
7ヶ月前

【今日のランチ】 「北京飯店@板橋区仲宿」で「チャーハン」700円也。日曜日のランチはココのコレ。実はココの「チャーハン」は初めてのはず。なぜか食べていなかった。「オーバル皿」に「バラ積み」が珍しいと思う。お味の方は至って真っ当な「パラパラ系」で、コレはコレで美味い。ただ、隣のテーブルで食べていた「中華丼」を見た時に、なぜか敗北感を感じたのはなぜだろう。次回は必ず「中華丼」にしようと心に誓った。「カツ丼」に転ぶかも知れないけれど(笑)。ごちそうさま。

『北京飯店』に関するまとめ記事

記事がありません

ページTOPへ