Minatoya3(港屋3)

Minatoya3(港屋3)

そば
乃木坂駅

『Minatoya3(港屋3)』の店舗情報

乃木坂駅
住所 〒 日本、〒106-0032 東京都港区六本木7丁目3−24
電話番号 03-3478-8381
お店Web https://r.gnavi.co.jp/nt55jykj0000/
ランチ 不明
ディナー 不明
利用目的 友人・同僚と

『Minatoya3(港屋3)』を予約する

【一休レストラン】でネット予約

【ぐるなびのページ】でネット予約


【Yahoo!ロコ】でネット予約

『Minatoya3(港屋3)』に投稿された写真

HiroakiHome
2年前

六本木でMinayoya3 辣油の入ったつけ汁で食べる蕎麦の港屋さん、 虎ノ門の本店はなくなってしまいましたが、 大手町に2号店、こちらは3号店が残ってます。 メルセデスのショールームの一角にあり、 メルセデスに合わせて調整されたということで、 店舗もゆったりした空間で、 お蕎麦もなんだか上品さを感じます。 でもやっぱり美味しい😄 中毒性がありますねぇ。 13時ごろ伺ったんですが、 残念ながら店内はほとんどお客様がいない。 ふと振り返ると後ろには知人が😅 こんな偶然あるんですねぇ。

taji_candy
2年前

今月の「東京カレンダー」に載っていた、六本木Mercedes me Tokyoで、昨年まで虎ノ門で営業していた日本一行列が出来る立ち食い蕎麦・港屋が「minatoya3」として再開しているという記事を読んで早速行く。会社から歩いて3分の距離なので。 暖かい肉そば・1200円しかないが、普段は食べないつけ麺もとても美味しい。 辛い肉入り付けダレで食べるつけ麺なのでマイルドにする生卵がついている。このお皿がベンツとminatoya3のロゴ入りでいい。 麺もコシがあって、立食いだけどリピート決定。

shiosabayaki
8ヶ月前

港屋がメルセデスmeの奥にあるのを発見。 いきなりお会計なのは虎ノ門の頃と同じだけどレジに立つのは黒服さん。 薄暗い虎ノ門と大違いの開放感に戸惑い出てきた器も小洒落てる。 まあ虎ノ門も置いてあるものには気を使ってたよね。 甘めのラー油つゆは港屋だけど麺が違う。 黄色くてもしや韃靼蕎麦?と思うもたぶん中華麺。いくらか蕎麦粉入ってるの? 蕎麦湯は席から離れた場所に置かれた蕎麦粉をポットのお湯で自分で溶く。 これを粉っぽくしないためにはどうする? なんか終始謎掛けをされているような気分。 #六本木

schizokids
2年前

食べに来ましたっ。 メルセデスコネクションの頃は よく来たのですが、場所が移転されて からは(ちょっと横に移動しただけ) 久しぶり。 蕎麦というよりは中華めんみたいな麺に ネギ、バラの豚肉がたくさん入ってました。 〆に蕎麦湯を飲んで。

ShintaroUemura
2年前

大好きだった虎ノ門にあった肉そばの『港屋』が閉店して以来、あの味を食べたくなった時はこちらの港屋のインスパイア系の店へ食べに行くことになります。麺が蕎麦からラーメンの麺に変わったけど、あのピリ辛のラー油のおつゆは確かにあの港屋のおつゆだよね。最高でした😋

salon8583
2年前

会社の人と一緒にまたつけ麺行きました! このお店はいつもこんなに空いてるの?と聞かれて、コロナのせいと、このお店がベンツのショールームの敷地の中にあるから敷居が高くて入れない人が多いんじゃ無いですかね〜😅という話をしながら美味しく食べました👍

ShintaroUemura
2年前

虎ノ門にあった絶品のピリ辛麺つゆの蕎麦屋『湊屋』が閉店して残念に思ってたらその暖簾分けのような店があると知り早速乃木坂まで食べに行ってきました。蕎麦ではなかったがピリ辛のつゆは変わらずの美味しい温かい肉そばでした😋

salon8583
2年前

会社近くのMinatoya 3でつけ麺に初挑戦。左の辛い汁にはネギと豚肉が山ほど入っててすごいボリューム😘 でもあくまでこちらはつけ汁。麺は山盛りの海苔の下に隠れてます。美味しかったからしばらく通う事になりそうです✨✨

taji_candy
1年前

午前中から収録続きでランチが2時を過ぎてやっているお店が少ないので、久しぶりにメルセデスベンツのディーラー奥にあるMinatoya3でつけ麺。 生卵を落としてちょうどいい味。 新しく入った子が先に入っていて色々と話せて良かった。

ShintaroUemura
5ヶ月前

虎ノ門の港屋のあの温かい肉そばが大好きだった私としてはたまにここに食べに来たくなるのです🤗乃木坂にある港屋の後継のお店で、あのラー油のピリ辛のお汁がうまいんですな😋

『Minatoya3(港屋3)』に関するまとめ記事

記事がありません

ページTOPへ