翠

中華料理
四ツ谷-飯田橋・神楽坂
市ケ谷

『翠』の店舗情報

よみがな すい
都道府県 東京都
エリア 四ツ谷-飯田橋・神楽坂
市ケ谷
時間(分) 3
距離(m) 234
カテゴリ 中華料理その他
郵便番号 102-0073
住所 千代田区九段北4-2-25アルカディア市ヶ谷(私学会館)2F
電話番号 0366850544
お店Web https://www.hotpepper.jp/strJ000034052/?vos=nhppalsa000016
休業日(備考) 年末年始
平日営業 11:00 - 21:30
土曜営業 11:00 - 21:30
休日営業 11:00 - 21:00
ランチ 1,000〜3,000円
利用目的 友人・同僚と,ファミリー,一人ご飯
モーニング あり
ランチ営業 あり

『翠』を予約する

【一休レストラン】でネット予約

【ぐるなびのページ】でネット予約


【ホットペッパーのクーポンページ】でネット予約


【Yahoo!ロコ】でネット予約

『翠』に投稿された写真

tacarin
4ヶ月前

「中国料理翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「完熟トマト入り酸辣湯麺」990円。曇るような天気予報だったが晴れている。気持ちの良い秋日和。来客ありて、ランチタイムの時間を外して「中国料理翠」に行く。客人は初めて。何を食べるか盛大に悩んでいたので「麻婆豆腐」をレコメンド。素直に従う。私は食べたことがないので、一度見てみたかった。支払いは私だ。問題はないと思うが(笑)。私は無難で手堅い「完熟トマト入り酸辣湯麺」をいただく。実に美味い。酸、辣、鹹のバランスが絶妙。「香菜」も良い香り。ごちそうさま。

tacarin
2ヶ月前

「中国料理翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「五目あんかけ湯麺」990円。仕事始め。店内はほぼ満席の大繁盛。今日のメニュウは既に食べた物と思っていたが実は初挑戦。一見しょっぱそうだがとんでもない。実に塩梅が良いスープに豪華な具材。小柱、干し椎茸が実に良い味。懐かしい味だと思い巡らせて「廬山菜館@神保町すずらん通り」の「五目そば」に行き着いた。35年前に忽然と消えた名店で、料理には実に丁寧な仕事をした「豚まめ」が使われていた。この味はあの「五目そば」を想起させる。ふと「豚まめ」を食べたくなった。

tacarin
3ヶ月前

「中国料理翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「翠式カリー炒飯」800円 +「目玉焼きトッピング」110円。寒い。外気温は9℃だから知れているのだが。銀行へ行ったついでに「私学会館」でランチを。席に着いて何にするか考えると、どうも「麺類」ではない気がする。ではかねてより懸案の「翠式カリー炒飯」にしてみようかと煩悶。結局それに。「炒飯」も「カリー」も塩分が調整してあり、バランス良く美味しい。特に「カリー」は「牛バラ」と「牛すじ」が上手に煮込まれた逸品で、「白いご飯」で食べたかった。ごちそうさま。

tacarin
6ヶ月前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「完熟トマト入り酸辣湯麺」990円。遠出の出来ない金曜日は、「コロナ禍」を挟んで久し振りのココへ。各テーブルには透明なアクリル板のついたてが完備。卓数も減らしているかも。サービスは相変わらずの高品質。全然悩まずにこのメニュウをチョイスした。暑かろうがコレが食いたい。届いた「完熟トマト入り酸辣湯麺」は、細麺の茹で加減、酢の酸味、辣油、胡椒の辛味のそれぞれが、マックスぎりぎりでピタリとおさまっている見事な逸品。大変美味しくいただきました。ごちそうさま。

tacarin
5ヶ月前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「ゴロゴロ夏野菜の翠式ジャージャー麺」990円。呼んでもいない客がランチタイムにやってきたが、所用ありて銀行にトンズラ。ついでに「中国料理・翠」で独り悠然とランチ。何にするか悩んだが、夏日と言うコトもあり「ジャージャー麺」を試みる。コレが失敗。「肉味噌」と「冷たい麺」が融合していない。いくら混ぜても「薄ボンヤリ」とした味しかしない。塩か醤油をブーストしたいがテーブルには常備していない。「翠」で初めて落胆した。残念。以後気をつけよう。ごちそうさま。

tacarin
11ヶ月前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「担々麺」990円。今日は遠出が出来ないミッションがあり、近場のココに。例によってメニュウを前に何にしようか悩む。「野菜タンメン」に心惹かれつつ、もっと「ガツン」とした物を欲している自分に正直になったら「担々麺」だった。二度目だが、届いてみたら以前と印象が違う。なぜか判らないが、厨房がいつもの人では無いような印象。食べ進む内に気にならなくなったが。もちろん美味しいですよ。作る人も食べる人も人間だ。曜日が違えばこう言うコトもある(笑)。ごちそうさま。

tacarin
11ヶ月前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「五目炒飯」990円。さて、遠出の出来ない金曜はココで。「翠式咖哩炒飯」とも思ったが、厨房の腕が一発で判るシンプルな「五目炒飯」をいただくことに。まず「パラパラの呪縛」に囚われていない適度なシットリ感が良い。具材は「叉焼」「浅蜊」「海老」「卵」「葱」「グリーンピース」。「塩分」はピタリ。微量の「化学調味料」が全体を上手にまとめている。特に精妙な火の通りが素敵な「海老」がプリプリ。コレで990円はお値打ちだ。次は「翠式咖哩炒飯」かな。ごちそうさま。

tacarin
11ヶ月前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「完熟トマト入り酸辣湯麺」990円。今日も春爛漫の快晴だ。風も穏やかで気持ちが良い。金曜日は遠出が出来ないので、お約束のココへ。メニュウを前に毎週悩むのだ。散々悩んで大好物に落ち着くお約束。ココの「完熟トマト入り酸辣湯麺」は私にとってパーフェクトだ。「酢」「胡椒」「辣油」の全てがピタリと臨界点で収まっている。毎度食べているが、お見事としか言い様がない。フロアの対応も完璧。来週の金曜日もココで食べているに違いない。余程の事が無い限り。ごちそうさま。

tacarin
26日前

「中国料理翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「野菜タンメン」990円。陽射しは麗らかだが寒さは厳しい。こんな日はココでコレ。久し振りだ。落ち着いた店内で、無駄の無い行き届いたサービス。なんとココで「野菜タンメン」は初挑戦だ。なんとなく食べていなかった。いつも他に食べたい物があったので。コクのある塩味スープは、タップリの野菜と豚肉から染み出た旨味と甘味で、とても良い塩梅になっている。麺は中細のストレートで、美味いスープを吸ってコレまた箸が止まらない。美味しかった。また来よう。ごちそうさま。

tacarin
1年前

「中国料理・翠@アルカディア市ヶ谷・私学会館」で「夢の大地豚特製排骨麺」1,210円。今回は気張って、以前から気になっていたこのメニュウを、麺固めでオーダー。待つ事7分で届いた丼上の「排骨」が大きいのなんの。早速いただいてみれば仄かに「咖哩」が香る上出来の「排骨」に、上出来の「スープ麺」。微塵に刻んだ「白葱」から微かに「香菜」が香る心憎いお仕事。30年前に通い詰めた「美味齋@虎ノ門」の「排骨担々麺」を思い出した。ジャンクな「万世麺店」の極北にある絶品「排骨麺」でした。お薦めです。ごちそうさま。

ページTOPへ